« 2017年8月例会 | トップページ | たまには食べ物の写真でも・・・ »

2017年9月 9日 (土)

思い出のブルートレイン・・・その1

こんにちは。
491系の記事が完結していないのですが、競作が終わったら全てが終わった気分になってしまって・・・。とりあえず次回の例会で走行写真を撮ってから完結の記事を書きたいと思います。
さて来年の競作は貨車ですが、その前にやり残したことがありまして。新しいカテゴリーをスタートさせます。

☆私が本格的に鉄道趣味の道に入るきっかけとなったのはブルートレインです、昭和50年代前半にブルトレブームが起きまして私もその存在は知っておりました。当時小学生だった私も文房具はブルトレで揃えていましたが、そんな列車が身近に走ってる事は知らなかったのです。そんな頃に鉄友が数人出来て鉄道談議に夢中になっていたのですが、そのうちの一人から『ブルートレインを見に行こう』と誘われました。
私の故郷は山口県の下松(くだまつ)という田舎町です、こんなところにブルトレなんか走ってるんかいな?なんて思いながら友達に付いて行きました。山陽本線下松駅の西方に切戸川という川があって、そこの踏切で待っていたのですがいつまで経っても来ないのです。夕方になり門限がちょっと心配になって、もう帰ろうと促したのですが。『もう少しだから』という友人を置いて帰ろうとしたその時、踏切が鳴り始めました。そしてブルトレがやってきたのです・・・。夕日に輝きながら目の前を高速で通過するブルートレイン、ジ~ンと来て涙ぐんで言葉にならないくらい感動したのを今でも鮮明に覚えています。
 
それ以来私は完全に嵌ってしまいました、自他ともに認めるブルトレ少年になるのです。夏休みはほぼ毎日見に行ってましたね、そのブルトレは下関発東京行きの『あさかぜ2号』で17時30分くらいに通過してました。残念ながら『あさかぜ2号』は基本編成のみの短い編成でしたが、それでもブルトレには違いありません。
そして地元の下松駅にもブルトレが停車している事を知るのです、深夜の都城発新大阪行き『彗星2号』でした。あとはブルトレではなく電車寝台581・583系の『金星』と『なは』のみ。『なは』は時代によって『明星』の時がありました。
今思えば贅沢な話ですが、電車寝台は格下に思えて今一つ魅力が無かったのです。それとA寝台や食堂車の連結された東京ブルトレに比べて、モノクラス編成の大阪ブルトレも格下・・・。東京ブルトレの『さくら』『みずほ』『あさかぜ1~4号』が停まる隣の徳山駅を羨ましく思ったものです。
 
そして50年代も終わりに近づいたときに電車寝台の『金星』は廃止になりました、その代わりになんと憧れの東京ブルトレ『富士』が下松駅に停車することになったのです。あさかぜ2号のようにオールB寝台ではなく、A寝台や食堂車も付いた本格的なブルトレが停まるようになって誇らしく思えたものです。
 
☆鉄道模型をやる人ってどちらかというと現役の列車よりも、昔走っていた思い出の列車を再現する人が多いですよね。私もそんな感じですね、当然ブルトレは外せません。KATOの24系25型が発売された時には、狂喜乱舞して飛びつきました。そして晩年の姿ではなく子供時代に見ていた50年代のブルトレブームの頃の編成を再現したく、完成品を加工整備することにしたのです。
私にとってブルトレ牽引機はEF65の1000番台です、500番台はちょっと古くて私の時代ではありません。こんな事言うと批判されるかもしれませんが後にブルトレ牽引機となったEF66は私的には邪道です、66はあくまでも貨物機で『10000系貨車を牽引している姿こそ美しい』という持論があります・・・。あさかぜ2号の通過する約30分前にEF66の牽引する鮮魚列車が上ってました、レサ10000系を連ねた美しい編成でそのイメージが大きいのかもしれませんね。
 
ちょっとどころか、かなり前置きが長くなってしまいましたね・・・。
実物の話はこれくらいにして、模型の記事を進めて行きたいと思います。
 
☆機関車EF65の1000番台から、まずは手すりを洋白線に変えるために製品に合わせて曲げていきます。曲げ終わったら廃棄予定だったエッチング板の切れ端に半田付けします、ここれは洗浄をするためです。エアーホースは全てエコーモデル製で同じように切れ端に半田付けします。上にちょっと写っているのはマスキングした動輪です。
Dsc00665
 
☆付属パーツの塗装をします、軟質プラなのでガイアのマルチプライマーを吹いてからガイアの艶消し黒を吹きました。
Dsc00666
 
☆手すりはブラスクリーンで洗浄し中性洗剤で脱脂をして乾燥させたら、ガイアのマルチプライマーを吹いてからモリタの青15号及びガイアのクリーム1号を吹きます。ところでガイアのマルチプライマー、もしかして洋白には食いつきが弱いのでしょうか・・・。真鍮には爪で引っ搔いても剝がれないくらい食いついてますけど、洋白は剝がれやすいです。
Dsc00667
 
☆実物の屋根ってあまり見る事無いのですが、こんな感じでパンタグラフ下とランボードをねずみ色1号で塗ってみました。もしかしたら間違ってるかもしれません。信号炎管は付属のパーツを塗り分けました。汽笛は昔買っていたKATOのロストです。ついでにパンタグラフもプライマーを吹いた後にねずみ色1号で塗ります。このKATOのパンタグラフは元気が無いと言いますか、どうもちゃんと勃ってくれません・・・(謎)。塗装が終われば手すりを付けていきます。
Dsc00670
 
☆側面の車番は製品のインレタではなく、昔懐かしの『こみや』のインレタです。古い製品なのに気持ちよく転写できますね。1107号にしたのはよく見ていて当時お気に入り番号だったからです。KATOの製品は全般的にHゴムが引っ込んでるのが気に入らないですが、どうやら色が剥がれないようにわざとやっているようですね。私的にはHゴムは車体より出て無いとダメです、ちゃんと車体にHゴムの影が出来ないと。出過ぎなのを引っ込めるのは簡単ですけど、引っ込んでるのを出すのは難しいのでそのままです。
Dsc00672
 
☆この65の1000番台後期車の前面の番号、実物は光線具合によってはクリーム色と同化して全く読めませんでした。こみやのインレタは実物のように光線具合でナンバーが読み辛いです、これを狙ってこみや製を使用したのですよ!
解放テコは作るのが面倒になって製品の物を使用、連結器はIMONに交換しました。
Dsc00674
 
☆所属は当然、名門『東京機関区』です。区名札はTOMIXのシールです。乗務員ドア横の手すりの色が剥がれてしまってるので、後でタッチアップをしますね。
Dsc00673
 
☆製品にはヘッドマークが付属してます、以前から所有している500番台の物も入ってますけど・・・。後は1000番台前期型製品に付属してる『出雲』と『瀬戸』が欲しいですね。ちなみに画像の『さくら』のヘッドマーク、私はピンクと白が逆のバージョンの方が好みです。
Dsc00668
 
☆完成しました、ヘッドマークは磁石で付いているので好みで変えられます。
私はもちろん『富士』ですfuji
Dsc00669
 
☆今回は完成品の軽加工なので、あまり深く考えずに工作をしました。次は客車の方を少しづつ進めて行こうと思います。まずは一番好きな食堂車から工作でもしようかな・・・。
このカテゴリーはあくまでも不定期です 、 競作の片手間なのでマイペースで進めて行きますね。

« 2017年8月例会 | トップページ | たまには食べ物の写真でも・・・ »

ブルートレイン」カテゴリの記事

コメント

工作の記事・・・待っていました~ぁ(*´v゚*)ゞheart
今回の前置き・・・なんか同世代だから??でしょうか??
私はブルトレからのスタートではありませんでしたが・・・光景が想像できて
恥ずかしい話・・・ちょっと拝見していたら目頭が熱くなり・・・作品の感動だけじゃなく??
文才もあるのですね・・・??(*^.^*)熱い気持ちになり久しぶりに子供の頃の懐かしい記憶が甦りましたhappy01

私は貨物列車をみてましたが鉄友??はいなかったのでひとりの楽しみでその場所はヒミツ基地みたいでした
(暗い??話になってしまいましたか??(人><。)ごめんなさい )

なんか写真も気合い入ってステキです(v^ー゜)heart
体調に気をつけてお仕事もプライベートも頑張ってくださいm(_ _)m
今日は作品も気持ちも感動いただきました
ありがとうございますm(_ _)m

待ってました! いよいよ『ブルトレの巻』に突入ですね! 今後の展開が楽しみです。

アタシのとってのブルトレとは、おらがお国の『出雲号』ですねぇ。もっとも古い記憶だとDD54が牽引する20系ですが…(笑)
アタシにとっての、東京ブルトレの牽引機はやっぱり65のPですね。66は邪道です!
そして、客車も20系以降は全く興味がなく、新しい客車に興味を持ったのは平成に入ってから・・・そんなお子ちゃまが大きくなると、アタシのような変人になったりするんです(糞爆)

>ゆきぱんださん

ずっと温めていた企画を進めることにしました~^^。
子供の頃の思い出って懐かしいですよね~、そんな思い出を少しだけつづってみました。この時はもう一人初ブルトレの鉄友がいて、二人して感動しすぎて帰路はただ『凄かった』って言うだけでそれ以外は無言でしたね。私はあまり国語というかお勉強全般が得意ではないので、文才なんて持ってないですよ~^^。えっ?同世代・・・あっ!そこには触れません・・・汗。

貨物列車を見ていらっしゃったのですね、秘密基地いいじゃないですか~^^。鉄道って男の趣味って感じなので、鉄友は難しいですよね。子供の頃、鉄道に興味のある女子を見たことが無かったもので・・・。私も一人で見に行くことは多かったですよ、お昼ご飯を食べたら夕方のブルトレが通過するまでずっと。今思えばよく熱中症にならなかったな~って思いますね。

とりあえずブルトレシリーズはお気軽に進めて行きたいと思います、いつも嬉しいコメント頂きましてありがとうございます。また宜しくお願いします!。

>まろねふさん

遂に始めましたよ、っといってもあまり深く追求はしない事にしました。客車も車体には手を入れず内装をメインに、床下を塗装するくらいに留めておきます。まずはオシ24を考えてます、何処か内装パーツ出してくれないですかね・・・。一輪挿し・メニュー・調味料入れ・逆3角形の紙ナフキン・ガラスのソース入れ・灰皿・・・エトセトラ。

まろねふさんの故郷も出雲が走ってましたもんね、DD54の20系・・・それ見てみたかったです。ブルトレブームが始まった頃はまだ65はP500番台でしたもんね、もう少し早く生まれていれば・・・なんて思いますね。20系は『あけぼの』のイメージが強いです、地元では臨時列車で見るくらいで。
まろねふさんの場合『あさかぜはマロネフ29よ』って言いそうですけど・・・^^、私は健全?に新しい25型に夢中でしたよ~。

やっぱりブルトレはPFですよネ!
しかし、ブルトレ全盛期のPFの屋根ってどうなっていたんでしょう?
大宮工場なら黒塗りになるんでしょうけど、どこの工場だったんですかね?

私が鉄道に興味を持った頃には牽引機が既に66でしたから、地元でPFと言えば臨時の12系やジョイフルトレインとの組み合わせが定番だったのですが、客車とラインが合致するPFは編成美が良いんですよね。
66は10000系ですよね、10000系…富士はやぶさが終わった後、66がホキ800を牽いている姿を見た時は違和感が凄かったです。

実物の屋根って案外分かりませんね。全検明けでも都合よく記録が残っている訳でもないですし、時代や工場でばらばらですし…本当に分からない時は適当にしています。
PFのパンタは勃…立ちにくいのは下枠の一部を削れば良さそうなのですが、バラし方が分からないので手付かずです。もう少し上がってくれればイメージ通りなのですが。

>だるま35号さん

やっぱりそうですよね~、Pや66よりも短期間だったですけど。
PFは新製配置は青塗りで、パンタ下とランボードにイボ付きビニールだったようです。
全検は大宮なので、黒塗りになったそうですね。
走行距離が半端ないので、たぶん新製から3年経つ前に全検を迎えている筈です。

昭和50年代後半で屋根が見える写真があって、それが何故か青塗りだったんです。
不思議に思ってたのですが、番号を見ると1095号・・・。
東京のカマではなく、下関のPFの代走でした~(笑)

>西のワムハチさん

年代により違いますよね、66世代とはお若い・・・^^。
若い方は66が貨物機って事を知らない人もいますよね。
66でホキ800は運転が大変そうですね、上り勾配での散布はどうやっていたのでしょうか。

本当に屋根上って汚れてよくわからないですよね、ウエザリングで誤魔化すのが良いかも^^
パンタグラフは加工しようと思ったのですが、すぐに崩壊するので止めました。
新製時の若い時代を再現したんだから、元気に勃って欲しいですよねぇ~・・・(謎)

こんばんは。
最近は充電時だけ勃って、あとは畳んでしまうやつも現れましたね。やっぱり勃ってナンボだと思うのですが…(笑)

瀬戸・出雲のヘッドマークありますので、某所に預けておきますね☆ミ

本物と違い、模型ですからねぇ… 
“EF”ではなくて“ED”だか勃…(滝汗)

>しみじろうさん

そういえばそういう電車いますね。
やっぱり電気車はパンタグラフを元気にいきり勃てて欲しいです、萎んでるのは惨めですよねぇ~・・・。
充電?、自家発電で・・・いえ、なんでもありません・・・。

ヘッドマーク良いのですか?、わ~い!ありがとうございます。
最近は着せ替え人形の如くヘッドマークを付け替えて遊んでました。
宜しくお願いします。

>まろねふさん

最近の模型は本物ソックリですからね、案外いいもんですよ・・・(謎)。
ED45とかED62とかED75とか・・・、ED19ってのはちと早すぎますね。
ってか、コメが例会の妖しいノリになってますね~(笑)

私も東京機関区PFに24系25形が大好きです、ちなみにカニは0番代派ですから、下関に住んでいた頃は夏休みに下関駅ではやぶさや富士を狙ってました。
ロビーカーが連結されて機関車がEF66になった時、貨物の機関車が引くなんて美しくないなぁと感じました。
ちなみに、カニにピッタリの振動付きサウンドを知ってますよ!

>なかのひがしクローバーZさん

やはり同世代ですね!、やっぱブルトレは80年代のPFですよね~。
66じゃないですよね。
下関だとカマ交換が見られますよね、EF30にEF81-300。
30は無理ですけど81は作ってやろうと思ってます。

私もカニは0番台が好きで後に製品化されたときに飛びつこうとしたのですが、銀帯の色が全く違ってて買いませんでした・・・。あれ、私はエラーだと思うんですけど。

カニにピッタリの振動付きサウンド。
リモコン操作でブ~ンと妖しい音がして、買うのが恥ずかしいヤツですね・・・。
って、それ誰かが組み込んでましたね~・・・。
もし導入してもモザイクをかけないと(謎)。

>しみじろうさん

業務連絡~
例のブツ受け取りましたよ!、助かりました~。
ありがとうございましたhappy02

お役に立ててよかったです!着せ替え…もとい付け替えて楽しんでください( ・∇・)

>しみじいろうさん

は~い、妖しい遊びをして楽しみますね~(謎)。
ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1771484/71662994

この記事へのトラックバック一覧です: 思い出のブルートレイン・・・その1:

« 2017年8月例会 | トップページ | たまには食べ物の写真でも・・・ »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

かけじく