« 液化塩素タンク車を作ろう・・・その1 | トップページ | 液化塩素タンク車を作ろう・・・その3 »

2018年3月31日 (土)

液化塩素タンク車を作ろう・・・その2

☆こんにちは~、『広島鉄道模型友の会』の競作のタンク貨車の続きです。タンク体を完成させたところで止まったままでしたね、でも工作は続けてました。それでは台枠の工作から・・・、と行きたい所ですが実はもう一両作ってました。
 
☆タム2300形です
Dsc00701
同じ液化塩素専用タンク車のタム2300形で、これは安達製作所のキットです。実はこのキット、手に入らなくて困ってたのです。でもある方から大事なコレクションを譲って頂きました、ありがとうございます。せっかく譲ってもらったので中途半端なものは作れませんよね、気合を入れて作ろうと思います。
 
 
☆ブレーキ装置の工作
Dsc00699
これはタキ5400とタム2300の台枠です、それぞれに石灰箱を取り付けなければならないのでその取り付け板を真鍮板から切り出します。私が作る番号のタムはタンク車では珍しくKC型ブレーキシリンダーなのでエコーモデルのパーツをそのまま使います、取り付け足は帯金から適当に作りました。で問題のタキの方、ブレーキがKE型です。これはパーツでは売ってないので、貨車用のKSD形に客車用のブレーキシリンダーを組み合わせてそれらしく改造しました。
 
Dsc00702
こちらはタキ5450、一応キットにはパーツが付属しているのですがエコーのパーツに交換します。KD型をそのまま使いますが、こちらも取り付け足は帯金で作りました。あと石灰箱の取り付け板も帯金から作ります。
 
Dsc00703
タキ5400とタム2300のブレーキ装置を組んでいきます、こういうのはそれらしく簡略化してしまった方が私的には良いと思います。あと台枠の裏側のハンダを綺麗に削るかどうか・・・、私はひっくり返さないと見えないところはそのままです。まあ色を塗ってしまえば目立たないし、その手間を別のところにぶつけます。
この辺りまでは大雑把で楽しく工作できるのですが、この先は細かで面倒な工作が控えてます。
 
 
☆台枠側面の表現
Dsc00704
ジャッキ受や航送フック掛けを表現するかどうか迷ったのですが、せっかくなのでチャレンジしてみます。真鍮板から切り出したり、帯金を切り出したりします。作り始めたは良いのですが、かなり面倒で途中で嫌になりました。
 
『めんどうくさーい めんどうくさーい と、こうさくは すすんでいきます』・・・ごろごろ にゃーん
 
Dsc00705
これらを半田付けしてみましたが、目立たない割にはかなり大変で省略すれば良かったと後悔しました・・・。
 
 
☆手すり類の製作
Dsc00706
こういう工作は時間がかかる割に成果が見えなくて、全然楽しくないです。何かの修行のようで、本当に嫌になりますねぇ・・・。
 
 
☆票差し
Dsc00707
票差しを付ける板も、デカすぎるキットの付属のパーツは使わずに切り出しました。ここまで手間をかける意味はあるのかと言えば、正直無いと思います・・・。
 
 
☆製作したパーツの取り付け
Dsc00708
手すり類を付けていきます、単純作業の繰り返しで疲れます。細かい所を省略したら楽だぞ~と悪魔の自分が囁きます、こういう工作が楽しいと思えるようになるまでにはまだ時間がかかりそうです。
 
Dsc00710
票差しはこんな感じになりました、エコーのパーツです。
票差しを付ける板は小さく作ったつもりでしたけど、これでも少しオーバースケールでしたね。
一番小さい票差しのサイズは1ミリ以下です。この票差しを1枚ずつ半田付けして、綺麗に削るんです・・・。
 
 
☆出来上がりました。
Dsc00709
何とかここまで出来ました、普通に電車を作ってる方が楽かも。タンク車の工作は大変ですね・・・。
 
 
☆石灰箱
Dsc00712
最後に石灰箱です、これはタキ5450のキットには付属してますけど致命的にオーバースケールです。よってプラ材で自作しました、直方体をキッチリ作るのは491系で鍛えられたので簡単にできました。箱本体と蓋を夫々作ります、本体にネジ穴を開けたら蓋を張り付けてサフェを吹いておきます。
 
☆タキ5450形
Dsc00715
一応生地完成です、これで塗装が出来ます。あとこのキットの説明書を信用すると、あるパーツの位置を左右間違ってしまいますので・・・(謎)
 
☆タキ5400形
Dsc00716
 
☆タム2300形
Dsc00717
 
☆後は表記を作って、塗装すれば出来上がり。まだ競作まで期限がありますね、これで終わっても面白くないのでもう少し増備してみますね。たくさんキットのあるタキ5450は、結局1両しか作ってないですもんね・・・。という事で、まだまだつづきます^^。

« 液化塩素タンク車を作ろう・・・その1 | トップページ | 液化塩素タンク車を作ろう・・・その3 »

液化塩素専用タンク貨車」カテゴリの記事

コメント

金ぴか ドカン系バディ 美しいですねshine

形態の違いにもぬかり無いですねeye細かい所は面倒ですが、見た時の印象が変わってくるので外せないんですよね…手摺製作は間違いなく修行です(笑)

そういえば、以前頂いたトミックスのタキ3000、ジャッキ受と航送フック掛けで工作が止まっているのを思い出しましたsweat01
フック掛けはフジモデルの屋上配管止が使えないか検討中です

>mitoさん

ありがとうございます!。
美しいドカン系バディ、同感(ドカン)です~。
早く色を塗ってみたいですね!。

>西のワムハチさん

ありがとうございます!。
特定番号で作っているので、実物の写真見ながら作り分けてみました。
しかし、ジャッキ受け作るのは大変だ~。
手すりって作るのも大変ですけど、付けるのも気を使いますよね。
真っ直ぐに付けたつもりなのに、こうして画像で見ると曲がっていたり・・・。
目立つものは修正しないといけませんね。

私もタキ3000を譲渡した事を忘れておりました~^^。
元オーナーとしては早く完成した姿が見たいですね!。
FUJIの配管止め、その手がありましたね。
サイズが合えば使えそうですね。

うわぁ~、どうみても面倒臭そう!!!
やっぱりタンク車はプラ製品を弄る方がエエに決まっとるワイ!!!

こういうチマチマした作業は大好き♡ 手伝ってあげたいにゃ〜

>ダルマ35号さん

はい、正直かなり面倒くさいです・・・。
でも塗装して表記を入れて完成すると、そんな苦労も吹っ飛ぶんですよね~。
まあ『準』優勝狙うには、多少は苦労しないとね・・・。

>わをんさん

えっ?、手伝ってくれるの~!!。
じゃあ、チマチマと模型を買う資金を手伝って下さい・・・。

黄色いタンク車と言えば、セノハチさん!
と、いう位作りこんでいますから、手慣れたものすね(笑)
ところで、タキ2300は初めて作るのではないでしょうか?
ついでに、液化塩素タンク車を全形式コンプリートされては如何ですか?(爆)

タキ2300…ぢゃなかった! タム2300でしたね。
タンク車の事よく判らないもんで…(笑)

>まろねふさん

ありがとうございます。
タンク車マニアって自分で言ってる手前、手が抜けなくて苦しんでます~coldsweats01
タム2300は初めてですね、良い機会なので一緒に作る事にしました。
ちなみにこの大きな四角い社紋板、まろねふさんの故郷に関連があります^^。
コンプリート、良い勘していらっしゃいますね~。ズバリ言い当てられてしまいましたcoldsweats02、既に工作が進んでいるのでそのうちアップしますね。お楽しみに~。

すごく力入っていてもう下衆なコメントは申し訳なくて躊躇してましたが…
すてきですね…(*゚ー゚*)

これは個人的なことですが
同じ科の勉学をしてきてクモハさんは夢を実現され運転士さんになり
さらにはこんなに素敵な工作もされ
なんか誇りで・・・私の憧れと尊敬でやっぱりクモハさんです!!

この頃、身勝手な妄想ですが
学生の頃、クモハさんが同じクラスにいたら
もっとオープンに私も鉄道が楽しめて鉄道話しで授業にならないかな~ぁ(笑)
どうだったのかな~ってこの頃思います。
因みに1年の時(1年間の約束でしたので)は吹奏楽でクラリネットでした(*´v゚*)ゞ
(アルトサックス希望が半ばだまされ??の入部でした)

ちょっと似てるでしょ??一緒にするなって言われるレベルですけど…
前回の積載類の課題で少し調べたら
好きな分野でしたが結局??資格試験いくつかとってからまったく
ご無沙汰でしたから楽しくて余計なことまで調べて・・・(汗)まだ途中です

すごく楽しみにしています(*´v゚*)ゞ

>ゆきぱんださん

ありがとうございます~♪
硬苦しいブログではありませんので、お気軽にコメ下さいね。

実は私、一旦鉄道とは全く縁の無い別の会社に就職したんです。そこでは化学薬品を扱ってました、電気鍍金ラインに配属されてたので塩酸・硫酸・苛性ソーダ・重クロム酸など・・・。運転士になるのが夢だったのですがご縁が無くて、一度は諦めた夢だったのですが。チャンスはどこに転がってるかわからないものですね~^^。

今はオープンですけど高校の頃は『隠れ鉄』でした、当事は今みたいに鉄道趣味が市民権を得ていなかったですよね。鉄道ファンはネクラだとか、変人だと言われてました。3年間同じクラスの人で卒業後に模型屋で出会って、初めてお互いに『鉄』だった事に気が付いたとか・・・笑。
男子同士でもこんな感じですから、女子で鉄道に興味を持っている人がいるなんて夢にも思わなかったかも。そういう会話が出来る人がいれば、もっと楽しかったでしょうね~。
1年間だけとはいえ吹部だったのですね~、同じような感じですね。うんうん、似てますよね^^。

私も化学の世界から離れてウン十年、かなり(ほとんど?)忘れてしまいました。女子高生の娘に聞かれても、全く答えられない始末・・・うむむ~。
積荷の知識は消えたので、せめて容器と走行装置だけはちゃんと作ってやろうと思います!。

そうでしたか・・・最初から運転士さんかと思っていました(*^-^)
でもすごいsign03
私は逆で夢をつかむ目前で挫折…それを引きずって挫折の連鎖…(;´▽`A``
だからクモハさんが憧れですsign03
お仕事やプライベートや趣味をがんばっている姿がかっこいいですnote

貨物列車は隠れ鉄の私の趣味唯一のお友達でしたからheart

工作つづき楽しみにしてますが・・・train
いろいろ大変そうですからくれぐれもご自愛下さいねhappy01

>ゆきぱんださん

ありがとうございます。
夢を叶えるって難しいですよね、あのまま前の会社にいたら人生後悔していたかも。チャンスが巡ってきた私はすごく運が良かったと思います、好きな事を仕事にできるのは幸せな事ですよねぇ~。

模型作りは大変ですけど好きでやってるので実際は楽しんでたりします(笑)、困難を乗り越えたときの爽快感は何事にも代えがたいものですね。今回は細かい事が多いので作業が中々進まないですけど頑張って完成させようと思いますので、また宜しくお願いしますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1771484/73214082

この記事へのトラックバック一覧です: 液化塩素タンク車を作ろう・・・その2:

« 液化塩素タンク車を作ろう・・・その1 | トップページ | 液化塩素タンク車を作ろう・・・その3 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

かけじく