国鉄80系電車

2014年1月23日 (木)

紙で電車を作ろう~(80系編)その1

☆こんにちは。
現在製作中の競作の電車→気動車ですが、部品待ちでストップしてしまいました。
ちょっと気分が乗っていたところだったので残念です、気分が下がらないうちに別のものを製作することにしました。

☆ということでペーパーモデル2作目を作ることにします、予てから作りたかった80系湘南電車です。
この電車、地元を走っていたおかげで幼少のころよく乗車しました。でも親に連れられて乗るだけだったので、じっくり見ることも無く・・・。

小学校に入って鉄友が出来たおかげで本格的に鉄道趣味の世界に入り、電車を見に行くという活動?を始めました。
残念ながら80系は引退した直後、出来立てホヤホヤの115系に置き換わっていました。
当時世はブルートレインブーム、私も見事にブルトレ少年になり古い80系電車なんて興味の対象から消えていきます。
昭和50年代も終わる頃親と広島に行くとき電車に乗ったのですが、柳井駅に入る前にあるものに目を奪われました。なんとあの80系電車がボロボロの姿で放置されていたのです、なんとも懐かしいというか不思議な気分になったのを覚えてますね。
それ以来大好きな電車になり、柳井駅を通るたびに凝視するようになりました。しかしある時姿が消えます、ついに解体されたのかな・・・。しばらくしたら大阪の交通科学博物館へ保存されたことを知り安心しました、この電車は現在でも準鉄道記念物として保存されています。

☆さて、時は立ち・・・。
鉄道模型でも思い出の80系は絶対に欲しい!ということでキットを買い集めてましたが、キットってなんか雰囲気が違っていたりで自分のイメージとは違うんです。山スカの時もそうでしたが、思い入れが深いほど市販のものでは満足しないんですね。
こうなると自作するしかなのですが、前回の山スカで湘南顔がペーパーで自作出来ることがわかったのでチャレンジしてみることにしました。今回も10両編成で全部違うタイプを目指します、余裕があれば荷物車も・・・。
(電車の記事が増えるので、カテゴリーの名称を『電車』から『呉線の山スカ』に変更し今回の電車記事は分離します)

☆紙で作る場合、最初に始めるのが作図です。
これはPCを使います、CADソフトではなくドローソフトを使います。
私はコーレルドローというソフトを使いますが、最新の物には更新せず昔のままなので最近のPCでは動きません。よって以前使っていた10年前の古いノートPCを模型専用に使っています、MDプリンターもコレじゃないと動きませんしね。

Dsc00249

☆とりあえず中間車のモハ80の1次型から作図します、形式図を見ながら電卓をたたきます。あとはコレを基本にチョイチョイと変更していけばよいでしょうからね、しかもこの図面はサハ87にも使えますね。
しかし実物を調べるとメーカーによって手すりの位置が違っていたりで、細かい違いがあるものです。
毎回悩みますね・・・、そういう所を解決するのに時間がかかり1両分で1日潰れました。
まあ、ここまで出来たので次はサクサク作図できると思います。

☆本日はここまで。
あくまでも競作の製作が優先なので、こちらは細々と進めて行きます。

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

かけじく